美忘録

羅列です

終焉

因果(@nikoniko390831)が遂にお亡くなりになった。

 

理由については諸説あるが、とまれ5月頃にSAOをボロクソに叩いて炎上したことが一番大きいだろう。やはりSAOはクソ。SAOを見ている人間も精神に何かしらフェータルな障害を抱えている。クソ。

 

おい、何見てンだごちうさおたくこの野郎。オメーも同罪なンだよ。クソ。

 

凍結について感じることは多々ある。今までコツコツ積み上げてきた12万ツイートや3000人フォロワーを返してくれとか、私よりも先にもっと明確な悪意を持って他者の権利を踏みにじっているような捨てアカウントを始末してくれとか、それこそ不満を挙げれば枚挙に暇がない。

 

でも、そんなことよりも、何よりも一番悲しいのは、凍結によって「希薄な関係性が全て途絶えてしまう」ということである。

 

私は「まぁとりあえずフォロー/フォロバするか」くらいの適当な気持ちで関係を築いたどこの誰とも知らないユーザーと、関心と無関心の狭間をフワフワ浮遊しながらだんだん交流を深めるのが好きなのだが、こうして凍結されて、比較的仲の良かったユーザーから順々にフォローしていく中で、名前さえ覚えていないがためにフォローすることさえできない彼らのことを考えると、とても悲しくなる。

 

これは大学の講義や飲み会なども同じで、一度言葉を交わしたきりもう二度と会わないし喋らない、というかそういう行動に出るだけの大義名分、つまり「関係のきっかけ」が無いために何もできず、なんだかなぁと思うことが多々ある。

 

Twitterはその辺が優れていて、希薄ではあれど相手との関係性をとりあえずフォロー/フォロワーという状態に固定できるので、自分が、もしくは相手が、思い立ったその瞬間にアクションをかけることができる。それに、Twitterなら大義名分などそこらじゅうに転がっているし。

 

しかし、凍結されれば話は別。「とりあえず」で保たれていた関係は全て0に還元され何も残らなくなってしまう。

 

「名前すら覚えてない奴ならどうでもいーじゃん」と言われてしまえばまぁそこまでなんだが、そう思えないからこうやって悲嘆に暮れているわけである。こだわりガイジ特有の感情である。

 

こうして俺は1000個余りの薄い関係性を喪失してしまった。ひたすら悲しい。

 

今更アカウントを返せとは、伸びに伸びたツイートらを返せとは言わない。ただ、あのよく分からん微妙な関係性だけはどうか返してくれ。という気持ちである。

 

とりあえずこのやり場のない悲しみをSAOとごちうさに向けることにした。絶対許さねえ。アスナは売春婦だしチノは性奴隷。キリトは性器ヘルペス。死ね。

無為

夏イベントの大本命であるマジカルミライも終わり、私の夏休みにも遂に厳冬期が到来した。正午の日差しとともに仕方なく目覚め、新聞配達のバイクの音とともに死んだように眠りに就く生活を延々と繰り返した私の身体はJアラートの爆音警報にさえ気づかないほどに鈍化した。部屋は「これが現代日本の闇だ」と言わんばかりに荒れに荒れ、干からびたカップ麺の容器はゴミ箱の機能を果たしている。不愉快で高額なサブカル漫画に本棚を奪われた少年漫画は床に散乱し、遂に苺ましまろ2巻が消えた。

 

この窮状を打破すべく私は部屋を掃除しようと心に誓い、部屋掃除の手順を考えた。ゴミ袋等はゴミ捨て場にでも持っていけばどうにでもなるとして、一番の問題はやはり行き場を失った漫画たちの寝床の工面なので、私は本棚を買うべく新宿へ行くことにした。漫画を愛する者として、やはり漫画を床にそのまま散らかしておくのもよくない。きちんと棚に陳列した方が、漫画たちだって嬉しいはずである。

 

2時間後、ペンタブを片手に帰宅した。1万円が消えた。

 

まぁやっぱりね、一度本棚に漫画を収納しちゃうとそれ以降取り出すのが億劫になって読まなくなるからね、床に散らばってる状態の方がいいんだよね。

 

ここまでの流れを大まかに捨象すると「部屋が散らかったのでペンタブを買った」になる。何となく「風が吹けば桶屋が儲かる」っぽいが、私の場合、部屋の汚さとペンタブの購入の間に一切の因果関係がない。真面目にADHDを疑う。万単位で吹き飛ぶレベルの買い物をノリだけで敢行するのも本当にヤバい。鬱屈とした汚部屋生活は居住者から理性的判断能力さえも奪ってしまった。

 

しかし今になって考えるとこの買い物は大正解であった。そもそもモノを置く以外の用途がない本棚(笑)より絵も文字も描けちゃうし塗れちゃうしオマケにマウスとしても使用できちゃうペンタブの方が114514倍有能である。


初めこそアナログ絵との描き心地の差に違和感を覚えたが、慣れさえすればこちらのもので、アナログ絵特有の「あっ間違えちゃった!(ケシゴムケシケシ~)」→「ビリッ!!!!!!!!!!!!(大破)」的地獄を味わわなくて済むのが何よりも素晴らしい。

 

私は即座にペンタブの虜になった。多分昨日も5時間くらい絵を描いていたと思う。絵とはここまで楽しいものであったか。こんなに楽しいのに一円も取られないなんて娯楽として完成されすぎなのではないか。

 

絵とはまさに自己の鏡像である。弛まぬ研鑽を積み重ねれば重ねるほど、それに応じた美を伴った作品が、紙の上に、モニター上に顕現する。ここまで自分の努力が露骨に反映されるものはそうそうない。ひょっとすると勉強よりもペイがいいかもしれない。


VOCALOID、アニメーション、漫画、そして絵と、興味のベクトルが様々な方向に向かって収集がつかなくなっているが、どれも疎かにならないようにしたい。


「床に散らばった漫画は?」だと?


まだ床で寝てま〜〜すwwwwwwww

ボーカロイドのこれまでとこれから 後編

2.これから

 

さて、こともあろう1万字も費やしてボカロの歴史を追ったわけであるが、ここからはボカロシーンのこれからについて私なりの考察をしてみたいと思う。

 

まず、17年夏(現在)は、初音ミク発売からちょうど10年ということで、活動を実質休止していた多くのPが再度ボカロ曲を投稿したことが話題となっている。ハチの『砂の惑星』や

www.nicovideo.jp

wowakaの『アンノウン・マザーグース

www.nicovideo.jp

あたりは既に聴いた方も多いことだろう。

 

これらの動画に、「昔活躍した代表的Pがニコニコ動画に帰ってきた」という意味で「王の帰還」というタグが付いているところを何度か見たが、これらはむしろ、あくまで私見だが、「帰還」ではなく「餞別」なのではないかと感じる。ハチやwowakaは多分もうボカロ曲を投稿しないーーー少なくとも自身の活動のメインに初音ミクを置くことは、もうないだろう。「後は誰かが勝手にどうぞ」と言い残し砂埃の中に消えていく『星の惑星』も、「このゆめはつづいてく」とボカロの展望性を示唆したところで曲が終わった『アンノウン・マザーグース』も、言うなれば彼らなりの「さよなら」なのかもしれない。

 

しかし、彼らがいなくなったからといってボカロ文化が衰退していくとは到底思えない。むしろ彼らの遺したこれらの楽曲はこれからもインセンティブとして新規Pの参入及び既存Pのモチベーション維持に一役買い続けるだろう。

 

そこで、これから先、人気に火が付きそうなPを理由込みで予想してみたいと思う。

 

①ぽて

主にチップチューンやゆるめのギターロック等のカワイイ系の楽曲を得意とするP。しかし「カワイイ」だけではないのがミソ。代表曲の一つでもある『ぱ~ふぇくとすきゃっと』だが、

www.nicovideo.jp

注目すべきはそのサビ。なんと「にゃん」以外の単語がない。可愛い花には棘があると言わんばかりに突出した前衛性をも秘めたサウンドメイキングにはこれからも大いに期待がかかる。

 

②でんの子P

ボカロシーン全体がどんなジャンルでもオールウェルカムな雰囲気になった今、ボカラップ旋風を起こしてくれそうなP。リリックはもちろんのこと、動画や演出等にも技巧が凝らされており、何度聴いても楽しめるエンタメ性の高い楽曲が多い。一番のおススメは『ミッション・ボーカロイド・コマーシャル』。

www.nicovideo.jp

「劇中劇」ならぬ「曲中宣伝」をぜひ堪能あれ。

 

③松傘

暗澹としたトラック、脳天に突き刺さる鋭くイルなライムが特徴の、主にヒップホップ界隈で活躍するP。エログロナンセンスな独自の世界観を持ち、動画もP自らで製作している徹底ぶり。一度聴いたら忘れられない超独特なミク調教は、実はEnglish版のライブラリを使用しているとのこと。「別冊ele-king 初音ミク10周年」におけるでんの子Pとの対談にて、彼は「今っぽい発音をさせるには日本語ライブラリよりむしろ英語ライブラリの方が都合がいい」との語った。彼を語るならまずは何と言っても代表曲である『エイリアン・エイリアン・エイリアン』。病みつきになること請け合いである。

www.nicovideo.jp

 

④Omoi

実はもう既に人気に付きつつあるP。シンセロックという今まで散々使い古されてきたジャンルでなぜ?と思うかもしれないが、注目すべきはその調教のクオリティの高さ。洗練されすぎた技術は例え先人によって開発し尽くされた土地の上であろうと美しく花を開くのである。『スノウドライヴ』

www.nicovideo.jp

は彼の処女作だが、およそボカロ初心者とは思えない調教力の高さにただただ驚かされる。

 

⑤歩く人

エレクトロニカテクノポップジャンルで今一番熱いPの一人。透明感のあるメロディの裏で聞こえる水滴の滴る音などの生活音が耳に心地良い。音楽技巧的なことについてはこれ以上語れないのでとりあえず『summer history』のURLを貼っておこう。

www.nicovideo.jp

 

⑥Spacelectro

EDMはじめとしたクラブミュージックを得意とし、カバー曲である『妄想税 Big Room House Remix』で一躍脚光を浴びたPである。しかし彼の真骨頂は彼自身のオリジナル曲の中にある。フューチャーバスに挑んだ『sweetie!』

www.nicovideo.jp

などを聴けば彼の才能の片鱗を味わうことができるだろう。

 

⑦しじま

初音ミク存在論についての思索的、哲学的な曲を数多く発表している、ボーカロイド思想界隈において今最も注目されているボカロPの一人。彼は「別冊ele-king 初音ミク10周年」誌上でも「人間とボカロの境界線を曖昧にしたい」と述べており、このセリフの通り、彼の調教はどこか喉から絞り出す声のように力強く、ついそこに「人間」を錯覚してしまいそうになる。代表曲は『人間そっくり』。

www.nicovideo.jp

特徴的なPVはJamiroquaiの『Virtual Insanity』

www.youtube.com

のオマージュだろう。人間とボカロの境界線が曖昧になっていくことは確かに狂気なのかもしれない。

 

3.まとめ

 

ボカロの発展は今なお終わることがない。いや、もしかしたらまだ始まってすらいないのかもしれない。私はその流れを、大げさな表現ではあるが、この命が続く限りは追い続けてみたい。もはやこれは偏執的な愛に近い。我々はみな初音ミクのストーカーなのである。まぁとはいえ一番彼女のことを愛しているのは私なのでマジで結婚してくれ初音ミク

 

カッコいい締めの言葉が見つからないので、私が全ボカロ曲の中で一番好きな楽曲の歌詞の一部を引用しようと思う。

 

もっともっと近づいて 
何度だってさぁ、抱きしめてほしい 
そんなことも 
僕にとってずっと大切な気持ちなんだ 
次元を越えて愛し続けるよ

 

永遠に 最後がきても 
愛し続けるよ
 
ーーーうしろめたさP feat. 初音ミク『16ビットガール』

www.nicovideo.jp

 

ボーカロイドよ、永遠に!

ボーカロイドのこれまでとこれから 中編

第5章~ボカロ衰退期~

 

はじめに断っておくが、私はこの時期(14年~15年)のことをボカロ衰退期などとは微塵も思っていない。衰退論が表面化したのは完全に某歌い手(以下ケツエメ)が「なぜボーカロイドは衰退したのか」などという犬も食わない糞動画をアップロードしたことが原因である。その分析は実に浅薄、主観的でエビデンスに欠ける。そもそも、ボカロ衰退論と銘打っている割にはケツエメ自身の歌い手としての立場(ボカロ曲に依拠しきっている状態)からのボカロ批判が主で、果てには「歌いたくなる曲がないのが悪い」「歌い手と組めば再生数は伸びる」などといった無礼極まりない物言いをかます傍若無人ぶりである。だがしかし彼の主張を実際の現状と錯覚するリスナーが多かったのも事実である。これについてはナナホシ管弦楽団が『初体験』

www.nicovideo.jp

によって反論を述べている。現役のボカロPでさえ辟易するような稚拙な言説を流布したケツエメには後に淫夢厨を中心とした反対勢力による鉄拳制裁が下ることになるが、それはまた別のお話。

 

では「衰退期」でないのなら何なのか。一言で表すのは難しいが、この時期は「繭期」と呼ぶのが一番しっくりくる気がする。ハチ、wowaka的な音作りはもはや前時代のものになり、ボカロ文化はほぼ原初の状態に戻された。しかし原初期と違うのは、音楽的土壌が原初期のそれに比べ圧倒的に肥沃なものとなっていたことである。

 

確かにボカロブーム期には、ハチ、wowaka的な音作りの楽曲ばかりが注目されがちだったが、その表面下で他ジャンルの曲も着実に進化を遂げていた。例えば、上記したtakamattの『Just a game』や、たーPの『jelLy』。

www.nicovideo.jp

この楽曲は、クールなベースラインと青臭い歌詞でボカロファンクというマイナージャンルの地位を一気に押し上げた。これが後に繭期の『ドクター=ファンクビート』あたりの大ヒット曲に続いていくこととなる。また、「感性の反乱β」や「アンダーグラウンドボカロジャパン」といった前衛音楽を後援するタグの誕生によって、ノイズミュージックやミニマル、果てはポエトリーリーディングといった超イレギュラージャンルまでもが日の目を浴びるようになった。このあたりのジャンルは主にATOLS、きくおといった後に「電ドラ四天王」の称号を与えられるPによって大きく発展した。きくおは『マカロン

www.nicovideo.jp

等のダブステップ中心の曲調が、きくおは『物をぱらぱら壊す』

www.nicovideo.jp

等の狂気的な歌詞がそれぞれ特徴だ。

 

こうしてボカロブーム期で密かに研鑽されてきたマイナージャンルの発展は繭期で遂に頭角を現し始める。ロック一辺倒だったランキングが徐々に多様性が見られるようになったのである。ちんたらの『めめめめめ』

www.nicovideo.jp

やDECO*27の『ハートアラモード』

www.nicovideo.jp

あたりがそれを端的に示している。今まではアンダーグラウンドに過ぎなかったジャンルが、ロック等のマジョリティ的ジャンルのドミナンスに対して大きく介入できうる力を持ち始めたのである。これはひとえにブーム期までの間に表面下でコツコツ積み重ねてきたマイナージャンルが遂にライトリスナーをも引きつけられるほどの魅力を帯びてきた証拠だろう。だがしかし、だからといってロックジャンルが他ジャンルの介入を両手放しに受け入れてくれるわけはなく、ナブナの『夜明けと蛍』、

www.nicovideo.jp

Orangestarの『アスノヨゾラ哨戒班』

www.nicovideo.jp

など、新時代ボカロPのロックチューンが対抗馬として数多く登場した。

 

また、この頃のボカロシーンは、言語的な意味でも多様化を迎えており、全編にわたって英語歌詞が使用されている、蝶々Pの『About me』、

www.nicovideo.jp

そして海外からの刺客ことCRUSHER-Pの『ECHO』

www.nicovideo.jp

なども注目を浴びた。まさに多様化の時代だ。

 

よく「14~15年の時期はボカロ動画の再生数がグッと下がった」などという話がまことしやかに囁かれるが、これは単に「ミリオン動画が減った」ということ、つまり「再生数の一極集中が減った」ということに他ならず、多種多様な音楽ジャンルを包括するボカロシーンとしてはむしろ良い傾向である。こうしてボカロシーンは再び多様化の時代を迎え、エクスペリメンタルな試みがあれこれ行われたのである。ボカロPの試行錯誤の努力はもちろんのこと、安易な衰退論に惑わされることなく彼らを支援し続けたこの時期のリスナーの真摯な姿勢もまた、次に来るボカロリバイバルブーム時代のための大いなる糧となったわけである。

 

第6章~ボカロリバイバルブーム~

 

16年以降、ボカロシーンには再びブームの波が押し寄せている。16年はのっけから大変エモーショナルな年だった。まずその一番槍となったのがTaskの『キドアイラク』。

www.nicovideo.jp

心地よい電子音のビートにミクとGUMIの軽快なラップ、更にCメロでのシャウトと音的ギミック盛りだくさんの豪華な一曲。まさに新時代幕開けのファンファーレと形容して相違ないだろう。

 

そして16年度を象徴するバケモノが遂にその姿を現す。DECO*27『ゴーストルール』だ。

www.nicovideo.jp

バリバリのロックチューンと爆発的なサビ、そして寓意的な歌詞は従来までのDECO*27と変わりはない。ではなぜヒットしたのか?それはひとえにこの曲が繭期で培われてきた技巧を完璧に踏まえているからである。繭期では、前述したCRUSHER-P、また、ギガPやワンダフル☆オポチュニティ!のように、主にアメリカ、ヨーロッパ圏で流行しているシンセ中心のクラブミュージック(AviciiやZeddのようなEDMやスクリレックスのようなダブステップ)を応用した楽曲が台頭した。DECO*27はそれらを、自身の得意とするアップテンポなロックチューンに組み込んでしまったのだ。この曲以外にも、シンセ音の取り込みはみきとPが後の『39みゅーじっく!』

www.nicovideo.jp

で、Orangestarが『DAYBREAK FRONTLINE』

www.nicovideo.jp

で行っており、特にみきとPは従来までの「邦楽系ロック専門P」というイメージを刷新した。このように、16年以降のボカロシーンは14~15年での研鑽の上に成り立っている雰囲気がある。

 

しかしそれと同時に、新たに「人気曲の条件」のようなものもそれとなく誕生した。それこそが「曲中にコール部分を作ること」である。『ゴーストルール』ならサビ部分の「おーおーおーおー」の部分、『39みゅーじっく!』なら「おーいぇー!」「Hey!」「Yes!」「(もう一度名前呼んで)初音ミク!」の部分がそれに該当する。それらの中でも特にこの風潮に対して鋭く反応したのが、15年以降の最重要ボカロPとして真っ先に名前が挙がるナユタン星人である。『惑星ループ』

www.nicovideo.jp

などを動画付きで聴いてみれば分かると思うが、彼はただコールを付けるだけではなく、動画内で「トゥットゥルルットゥ」とコールの歌詞を丁寧にも明記してくれているのだ。当然コメントもそのコールで埋まる。そして彼の後を追うように、和田たけあきことくらげPも『チュルリラ・チュルリラ・ダッダッダ!』

www.nicovideo.jp

でコール部分を導入、見事大ヒットを記録した。

 

コールの入った曲が流行している背景には、「マジカルミライ」や「ニコニコ超会議」等のボカロ音楽イベントの増加とそれに伴うリスナーの「一体感を感じたい」という欲求の増幅がある。私も春先に初めて「ニコニコ超会議」のボカロDJライブに参加したが、家で一人で曲を聴くのとは全く違う、DJ(クリエイター)とリスナーがインタラクティブに高め合っている空間がそこにはあった。そしてその相互性を更に強めてくれる強力な接着剤となるものこそがまさに「コール」なのである。リスナーはコールをすることで、単なる「観覧者」から「参加者」へと自分自身を昇華させ、DJや他のリスナーたちと一体感を得ることができるのだ。ニコニコ動画という狭い見識を飛び出して外部にも目を配る殊勝さが各ボカロPに備わっていたからこそこのような発展的な風潮が完成したのだろう。

 

しかし、あれだけ革新的だったハチ、wowaka的サウンドメイキングもいつしか廃れていったことを鑑みると、このコール文化がいつかは終焉を迎えることも可能性の範疇内だろう。だがしかし、それでいいのだ。ボカロはこれから先もスクラップ&ビルドを繰り返し、より洗練された文化を育んでいく。「終わった」「産廃」等の揶揄を背中に受けながらも前へ前へと進んでいく。

 

~後編へと続く~

 

nikoniko390831.hatenablog.com

ボーカロイドのこれまでとこれから 前編

はじめに。初音ミク10周年おめでとうございます。私は君の歌う歌をただただ聴くことしかできませんけど、これからもよろしく願い致します。

 

さて本題。こうして初音ミクが多くの人間に祝福されながらめでたく10周年を迎えたということで、本文では「ボーカロイドのこれまでとこれから」と題して、今までボカロが歩んできた歴史とそれを取り巻く環境、そしてそれらから導き出されるボカロの未来像について、超音楽素人の立場から少し考察してみようと思います。少しとは言いましたが、かなり長くなってしまいました。天井のシミを数えること以外何もすることがないくらい暇な時にでもお読みください。

 

1.これまで

 

第1章~初音ミク黎明期~

 

合成音声ライブラリ「初音ミク」は2007年8月31日に発売されるや否や、ニコニコ動画という伝播性と共有性を兼ね備えた最強の土壌の上でそのポテンシャルの高さを遺憾なく発揮し始めた。しかし最初期は単に初音ミクを「ヒトの声を喋る面白い楽器」として既存の曲を歌わせるというアプローチ以外が存在せず、もしここで立ち止まっていればきっとボカロは今頃ネットミームの墓場で朽ち果てていたことだろう。

 

しかしここでボカロにいち早く無限の可能性を見出し、それを大衆に知らしめたパイオニア的Pが登場する。それこそがOSTER Project(以下オスプロ)である。

www.nicovideo.jp

『恋するVOC@LOID』は、「初音ミクは楽器ではなく一人のアイドル歌手なんだ!」という、認識的パラダイムシフトを起こすには十分すぎるほどの誘発力があった。これよりしばらく初音ミクはKEI氏の描いたパッケージ絵のような「萌え」的性質を付与され、『私の時間』や『みくみくにしてあげる♪【してやんよ】』といった俗に言うAポップ系の楽曲が流行した。また、この時期は自己言及的な、つまり「初音ミクが自分自身の境遇を歌う」ような曲(上記の2曲や『えれくとりっく・えんじぇぅ』、『あなたの歌姫』など)が多かった。漠然としてはいるものの、ここでクリエイターやリスナーの、初音ミクについての認識がある程度統一されたような気がする。そう考えると初音ミクという宗教はこの時点で既に体系化されつつあったのだなと感心する。

 

初音ミクがアイドルとしての特徴を強めていく一方で、新たな音楽的潮流も生まれていた。その中心にいた人物がryo、kz(livetune)、bakerの3人だ。ryoは言わずもがなあの大名曲『メルト』の作者で、そのキャッチ―なメロディと甘く切ない歌詞で主に10代リスナーを中心にボカロ旋風を巻き起こした。kzは合成音声とテクノポップの親和性を世に知らしめたミクノポップの元祖的存在で、主に『Packaged』が有名だろう。bakerはテクノもロックも幅広くこなすマルチな才能を持つPなのだが、正直言って(というより私の音楽的知見のなさのせいで)「ここがいい!」とは明言しにくいのだが、彼のバラードナンバー『celluloid』を聴いてボカロPになった有名Pは数知れず。詳しくは音楽ナタリーのこの記事

natalie.mu

を読んで欲しい。上記3人がいかに他クリエイターへのインセンティブになったかを窺い知ることができるだろう。

 

こうしてオスプロが嚆矢となった「初音ミクオリジナル曲」ブームは上記のPを中心に、また、初音ミクの姉妹分である鏡音リン鏡音レンの参入によりさらに勢いを増すようになった。この頃主に活躍していたのは、限りなくアウトに近いアウトをやった結果動画を削除され、結果的に「機械にセクハラするのは合法か」という法哲学的な問題を見事に炙り出した初期ボカロ界の問題児デッドボールP、野生のNHKの異名を持つ心優しきトラックメイカーのトラボルタP、ポップ・レクイエムというニューウェイブ創始者たる小林オニキス、キャッチーなサビで多くのファンを獲得した黒うさP、音楽に物語性を付与する風潮の先駆けとなった悪ノPなど。誰もがメロディ・歌詞・使用ライブラリ等とにかく様々なアプローチでボカロを活かそうという信念のもと創作活動に励み、ボカロの音楽性の多様化は日を追うごとに進んでいった。そう、商業主義的文脈から完全に遊離していたこの時期のボカロは、完全に個々人のイマジネーションの発露として機能していたのである。暴走Pの『初音ミクの消失』なんかはまさに「ボカロにしかできないこと」を追求し、イマジネーションを爆発させた結果たどり着いた一つの境地だろう。

 

また、Dixie FlatlineやにおPのような黒人音楽、つまり、俗に言う「第一線からは逸れる音楽」を取り入れた楽曲を主に制作するPもこの頃から既に評価されていたという点にも留意しておきたい。クリエイター側が進歩するごとに、リスナー側もそれに呼応するように審美眼ならぬ審美耳を養っていったのである。

 

第2章~ボカロック、ミクノポップの隆盛~

 

初音ミクにロックを歌わせた動画はそれこそ初期から存在していた。かなりマイナーではあるが、田舎の学生バンド感を出しつつパンクロックを試みたクズ野郎Pの『世界に一人のクズ野郎』などがその好例だ。

www.nicovideo.jp

これらが「ボカロック」というジャンルの紐帯によって体系化されたのは08年中頃から09年初頭にかけてだろうか。何と言ってもアゴアニキの登場が大きい。

www.nicovideo.jp

ピノキオピーも彼の『ダブルラリアット』を「泥臭い歌詞のバンドサウンド」と高く評価し、自らもそれをきっかけにボカロを始めたという。この頃を境に初音ミクのアイドル性についての認識は単に「初音ミクを構成する一要素」くらいにまで大きく引き下がった気がする。こうして、一周回って半ばバイアス化し、初音ミクを安易な「萌え」という画一性の中に閉じ込めていた「アイドル」という性質が崩壊することによって、初音ミクは真に自由で無限の可能性を秘めた存在になったのである。

 

アゴアニキがヒットを飛ばすとそれに呼応するように数多のロッカーが台頭してきた。『天ノ弱』の164や『モザイクロール』のDECO*27や『星屑ユートピア』のotetsuなどの超大型Pもこの頃がデビュー時期である。このように、アイドル性への固執からの脱却により、ボカロックという新しい流れが完成したのである。

 

ちょうどこの頃、ボカロテクノ界隈も隆盛を極めていた。その渦中のど真ん中にいたのがやはり「変拍子の貴公子」の異名を取るTreow(逆衝動P)、ボカロハウス界の異端児、いや異常児ことZANIO(パイパンP)、そして世界的に有名なトランスミュージシャンという一面も持つ野生のプロこと鼻そうめんPだろう。Treowといえば何よりもまずデビュー曲の『L'azur』だ。

www.nicovideo.jp

どこか現実から乖離した歌詞、ガラス細工の如く精巧なメロディライン、無機質ゆえにかえって透明感が強まる初音ミクの歌唱・・・ここまでハイブロウな逸品が未だかつて存在しただろうか。何もかもが圧倒的な一曲である。まさにボカロテクノ界の革命と形容していいだろう。彼はこの後『Chaining Intention』でもスマッシュヒットを飛ばし、ボカロテクノ界の背負って立つPの一人になった。ZANIOは言ってしまえばオケだけメチャクチャ綺麗になったデッドボールPで、『ペヤングだばぁ』や『ボカラン詐欺』等の動画は、綺麗なメロとそれに反してあまりにもおふざけが過ぎるネタ歌詞の化学反応に驚愕したリスナーによる「オケだけよこせ」「歌詞wwwww」といったコメントで溢れかえった。Treowがハイブロウで高次元的な立ち位置にいるとするならば、ZANIOはその真逆であろう。だがしかし、だからこそ彼が推され続けているのだと私は思う。敷居が低いほうが入り口としては最適である。鼻そうめんPはHiroyuki ODAという世界的に名の知れたトランス界の雄で、ボカロが完全にアマチュアの独壇場だった当時からしてみればこれはパラダイムシフト的な出来事だったのだ。ほぼ歌詞の存在しないガチガチのトランスミュージックから80'sを思わせるディスコサウンドまでテクノ系統なら何でも来いのオールラウンダーで、オマケにイラストも描けるマルチクリエイターである。個人的には『YOUTHFUL DAYS' GRAFFITI』が頭一つ抜けている気がする。

www.nicovideo.jp

この3人以外でも、後にDenkitribeとして大成するよよPや、ベースを巧みに操るベースラインの魔術師こと鮭Pなど、ボカロ界に大きな爪痕を残していったPが数多登場した。

 

こうしてロックとテクノが同時に進化し、クリエイター人口が増えることでその品質もより向上していった。また、巡音ルカがくっぽいどめぐっぽいど等のライブラリの増加の影響も受け、遂にボーカロイドはインターネットを飛び出し、大々的なボカロムーブメントが巻き起こった。

 

第3章~ボカロブーム前半~

 

一般的にボカロブームが起きたとされるのは(諸説あるが)09年末あたりとされる。何を差し置いてもハチとwowakaがこのブーム初期の起爆剤となったというのは否定しようのない事実である。それと同時に、良くも悪くも「ボカロっぽい」曲というものがほぼ体系化されてしまったのもこの時期である。ハチの楽曲の特徴といえば祭囃子の如き騒々しさと狂気的なリリックで、wowakaの場合は超高速のBPMと超高音のボカロ調教である。ユビキタス社会が完全に確立し、どの家庭にもネット環境が普及するようになった当時のリスナーの主な年齢層といえば、心身ともに発展途上で多感な中高生が殆どで、彼らにとって上記の4要素はまさに脳髄ドストライクの麻薬だったのである。かくいう私もその一人である。意味はよく分からんけどとりあえず速くてカッチョイイなら最高じゃないか、と思ったわけである。ロックバンドのキュウソネコカミの『ビビった』

www.youtube.com

の中に「意味なんか要らんそれでオッケー、結局音楽はBGM」という歌詞があるが、まさにこの頃のボカロはそれを地で行く感じであった。「ハチやwowakaは浅薄な音作りしかできない」と言っているのでは決してない。むしろこの2人ほどボカロに対して真摯に取り組んだPは他にあんまりいないのではないかと思う。そのあたりはこれらの記事

natalie.mu

natalie.mu

を読めば嫌というほどに伝わってくるだろう。問題なのは、彼らの曲風を模倣するばかりでそれ以上の試みをすることを放棄してしまったこの頃のボカロシーンの風潮そのものである。この頃になるとボカロにもマネタイズの波が押し寄せ、ボカロを手っ取り早く有名になるための足蹴くらいにしか考えてないようなクリエイターもちらほら見受けられるようになった。別に商業主義に走ること自体を悪と言っているのではなく、よりマスに受け入れられるためにと自分の真にやりたいことを捻じ曲げるようなスタンスに対して懐疑的なだけである(実際、この時期に入ってから途端に作曲の方向性が変化したPは多かった)。商業主義の下では決して解放できないイマジネーションの発露としてボカロには大きな価値があったはずなのに、これでは全くもって本末転倒なのではないか。しかしそんな疑問も掻き消えるくらいの勢いでこのボカロブームはこの後も際限なく広がっていった。今思えば、そういった漠然とした疑問と、この画一化の果てにはいつかボカロ自体の終焉が来るかもしれないという潜在的な不安こそがこのブームをさらに推進していったのではないかと推測する。

 

しかしそうは言ってもボカロの多様化が完全に停止したわけではない。『Just a game』あたりがいい例だろう。

www.nicovideo.jp

takamattはオタク蔓延るニコニコ動画で、オタクの好むジャンルとは対極的な位置付けにあったレゲエを見事輸入することに成功したのだ。また、当時のボカロシーンにも流行に囚われることなく真に良いものを選択的に聴いていた主体的なリスナーの存在がいたことの証左として、『glow』

www.nicovideo.jp

のkeenoや『またあした』

www.nicovideo.jp

のふわりPのヒットも挙げておこう。聴けば分かると思うが、彼らは根っからのバラード畑の人間である。当時のBPM至上主義的なボカロシーンの風潮を鑑みると彼らのヒットは実にイレギュラーなものである。しかし、これはつまり、そういったイレギュラーをも快く受け入れられるような懐の深さを持った層が少なからず存在していたということである。

 

第4章~ボカロブーム後半~

 

09年末~13年中頃くらいまで持続した全国的ボカロブームの後半期を支えた代表的Pとしてじん(自然の敵P)、kemu、トーマが、また、代表的な曲として『千本桜』が挙げられる。

www.nicovideo.jp

まぁまずは何と言っても『千本桜』の大流行。まさにお手本と呼ぶに相応しい王道的な曲進行(ABサビABサビB転調サビ)で、なおかつ当時のボカロシーンで求められていた要件が全て完璧に揃っていた。ボカロ文化はこれ以前とこれ以後とで明確に区切ることができるだろう。それまではあくまでオタク界隈という閉じた世界の中で完結していたボカロ文化が大きく外へと羽ばたいた瞬間だったのだ。『千本桜』で遂にブームは爆発期を迎え、猫も杓子もボカロ、ボカロのボカロ大旋風が巻き起こった。ここで台頭してきたのが上記の3人である。じん(自然の敵P)は10年代最大のヒットメイカーで、ハチ、wowaka的な音作りに、楽曲に物語性を付与する悪ノP的手法を混ぜ合わせた新旧ボカロ文化のいいとこ取りなスタンスで見事大ヒット、彼の打ち立てた「カゲロウプロジェクト」はメジャーレーベルで音源化され、さらに小説化、アニメ化までされる超ビッグコンテンツに成長した。kemuはじんの少し後に頭角を現してきたPで、高速BPMシンセサイザーロックを融合させ、「kemuブランド」を確立した。彼もまた新(高速BPM)旧(シンセロック)をうまく組み合わせる天才だった。トーマはまさにハチ、wowakaの影響をモロに受けたPで、ハチ以上に難解な歌詞、wowaka以上に高速なBPMを駆使する、まさに時代が生んだ寵児である。一言でいえば凶悪。そんなダークな魅力が中高生のセンシティブな感性と共鳴し、見事ブレイクと相成った。

 

この3人に共通する点は、既存の流行+αで革新性を産み出した点である。じんなら物語性の付与、kemuならシンセロックへの回帰、トーマなら既存性の限界値までの研鑽がそれぞれα部分に該当する。いずれもボカロシーンにおけるハチ、wowaka的な音楽性が既にコモディティ化している現状を目ざとく察知していたことが窺える。「ボカロブーム」という大きな物語として巨視的に見た際には誰も彼もが同じような曲ばかりを作っているという印象しか受けないかもしれないが、このように歴史を追いながら細かく見ていくと、歴代のヒットメイカーたちにはそれぞれヒットするだけの個性と、それに至るための努力や試行錯誤があったことが見て取れよう。

 

しかし、ヒットを外部から俯瞰している人々や「ブームだから」という理由のみでボカロを聴いていた層にとって、そんなことは些事も些事、どうでもよいことだったのである。じんの「カゲプロ」が完結し、kemuが『敗北の少年』で作曲活動の実質的中止を宣言し、トーマが知らないうちにフェードアウトした13年中頃よりボカロブームは徐々に終息の道を辿っていった。

 

~中編へ続く~

 

nikoniko390831.hatenablog.com

 

部屋の中に変なものがいます。【文章練習】

部屋の中に変なものがいます。

(それ)は、特に私が夜に本を読んだり携帯を見ていたりしているといます。

ですが、夜だけいるというわけではなく、たまに昼にもいます。

 

私は(それ)を捕まえようとしますが、夜は冷蔵庫が怖いです。

(それ)は私が夜は冷蔵庫が怖いのを知っていて、私が捕まえようとすると冷蔵庫の中に隠れます。私は冷蔵庫が怖くて何もすることができません。

 

朝になると(それ)は冷蔵庫の中にいません。一応本棚やクローゼットの中も探してみましたが、どこにもいません。多分、床の中にいるんだと思います。

 

また、夜は白いものが窓に張り付きますよね?

私は白いものを見ると安心した気分になれるのですが、(それ)が出てくるようになってからは、(それ)が白いものを右の方からバリバリと剥がして、どこかに持っていきます。私はすごくつらい気持ちになって「やめて下さい」と言うのですが、やめてくれません。

 

つらくて悲しいので、本棚と段ボールの隙間の中に隠れて朝まで待つのですが、(それ)は私が本棚と段ボールの隙間にいるのをベッドの上からじっと見ています。(それ)がよそ見をしている間に逃げようとしますが、(それ)のよそ見はよそ見ではなくてよそ見の振りなので、すぐに見つかってしまいます。

 

この前は、昼にいました。

私が机の上を掃除しようとしたら、机の上に石を置いて邪魔してくるので、私は掃除ができません。私がベッドに寝転んで本を読もうとしたら「あー、あー」と変な声を出してきて、私は本に集中できなくなりました。これは幻聴ではありません。

 

夜になると右側の壁からバンバンと叩くような音がします。私も仕返ししようと思ってバンバン叩き返すのですが、叩き返した日は叩き返さない日よりも(それ)がベッドから見つめてくる時間が長くなるので、叩き返すことがあまりできません。ですが、叩き返さないといつまでもバンバン叩いてくるので、仕方なく叩き返しています。本当はこんな事したくありません。

 

友人にもこの話をしたのですが、「そんなものは見たことがない」といって嘘をついてきます。きっと友人も(それ)を知っていて、私だけが知らないのだと思います。友人は、知っているので毎日楽しく暮らせるのだと思います。私も早く知りたいです。私だけが知らないのは嫌です。

 

早くみんなと同じように楽しく暮らしたいです、そのためにも(それ)が何なのか知らなければなりません。毎日が不安で怖くてたまりません。本当に恐ろしいんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

統合失調症になったらもっと上手くトチ狂った文章が書けるようになるんですかね(笑)

合宿

大学入学から早数か月、遂に大学の夏休みがやってきた。そう、全ての苦役から解放され己が欲望のままに酒池肉林の限りを尽くせる、人生で最も自由な日々が始まりを告げたのである。

 

だがしかし我々に与えられているのはあくまで「時間」のみである。真に有意義な夏休みを謳歌したいのなら、友人を増やす、バイトで稼ぐ、免許を取るなどといった主体的行動によって空白のカレンダーにせっせと赤丸を付けていく必要がある。結局大学の夏休みを価値あるものとして礼賛しているのはカレンダーが予定で埋まっている側の人間たちなのである。噫無情。

 

さて、私はといえば、カレンダーが埋まっていない側の人間の例に漏れず、毎日エアコンの効いた部屋で惰眠とフライドポテトLを貪り続けてはかけがえのない時間を無為の闇へとかなぐり捨てていた。dアニメの視聴履歴のみが虚しく積み重なり、カーテンの隙間から差し込む朝日は部屋に舞うホコリと混ざり合い一筋の光芒を作りだしていた。

 

そんな生活に辟易しながらも私は数日後に迫るあるイベントに一縷の望みを託していた。

 

そう、部活の合宿である。

 

オメッ、合宿っつたらお前よぉ、性が性を呼ぶ性欲の大祭典、日本酒をローション代わりに畳の上で朝まで盛り合う獣性解放イベントじゃねぇかよぉ、ヒッヒヒヒッ・・・

 

仄暗い部屋の隅で三角座りをしながら、その日が来るのを今か今かと待ち望んでいた。

 

さて当日がやってきた。行き先は長野に次ぐ陸の孤島ことグンマ―。こういう文明性から隔絶された未開地で叡智を養う合宿を敢行するの、貧民ひしめくスラム街をフェラーリで爆走するみたいな趣があってメッチャいいな。

 

宿泊先の旅館に着くと、いかにも旅館営んでますよみたいな風貌の老夫婦が我々の来訪を歓迎してくれた。

 

内部構造もまさに古き良き日本といった感じになっており、長野の実家に帰省したかのような錯覚さえ感じた。しかし天井の低さにだけはどうしても苦言を呈さねばならない。合宿の3日間だけで15回くらい引き戸の上部分のガーッってなる部分に頭をぶつけた。痛い。

 

1日目の夜はとにかく書いて書いて書きまくり、文章力を上げる特訓に全精神を集中させた。他には特に何もしていない。深夜3時半に大学群の名称で山手線ゲームをやったくらい。

 

あと、部活の女の子たちと顔合わせするのは今日が初だったんだけど、みんなメッチャ可愛くてビビった。こ、これが上智権益か・・・声優に例えると

 

さぁ2日目は遊んじゃうよ!

 

我々が向かったのは群馬の山中を穏やかに、静かに、しかし荘厳に流るる大河川、利根川。見よ!水面は青く輝いている!

 

正直川にはいい思い出がない。小学校時代には近所の友達と土手の石の防波堤を破壊してたら知らんオッサンに怒鳴られたし、中学校時代には岩場から川に飛び込んだら危うく溺れかけたし、高校時代には近所の川の画像をTwitterにアップしたら東京住みのフォロワーに「ここ人住めるのかよwwwwww」と煽られた。

 

だがしかし今の私は華の大学生。そんな苦い思い出と決別し、そろそろここらで川を受け入れるべきなのである。

 

去年の夏休みぶりに足を浸した川は、冷たかったが、しかし暖かかった。過去の確執を全てなかったことにしたくなるくらい、暖かかった。

 

そうか、本当は分かり合えるんだな・・・俺たち・・・

そんな感慨に浸りながら水面をパシャパシャと弾いたり石をひっぺがえして川底に佇む生命を観察したりした。

しばらくすると川遊びにも飽きてきたので石を対岸に投げる遊びをしていたらうっかり足を滑らせくるぶしを打撲した。クッソ痛かった。

もう二度と来ねーよこんな川!死ね!

 

f:id:nikoniko390831:20170813185344j:image

ちなみにこれは川とは全く関係の無い群馬のコンビニの画像です。

 

あまりにもくるぶしが痛すぎてその後何のイベントがあったのかほとんど記憶していない。肉を食った記憶と同室の友人が全員寝てしまったので仕方なく温泉前のマッサージチェアに3時間ほど居座って筋肉痛になった記憶しかない。

 

3日目は連日の徹夜が祟って元気半減、抜け殻のような状態でなんとか編集会議を乗り切り、無事全ての日程を片づけた。

 

高速バスで新宿に戻ると、纏わりつくような熱気と都会の喧騒がぶわっと一挙に押し寄せ、私の日常は再び回り始めた。やはり私にはこっちの空気の方が本性的に合っている気がする。や、田舎コンプとかじゃねぇーから!

 

帰りの丸ノ内線の中、足元のキャリーバッグに目を落としていると、不意に合宿中の様々な思い出が去来した。ああ、なんだかんだで楽しかったな・・・

 

3日ぶりに戻ってきた自室は相変わらず空き巣にやられた後のように汚かった。飲みかけのペットボトルが何とも形容しがたい色に変色していた。

 

急に全てがどうでもよくなり、私はそのまま深い眠りに落ちた。

 

意識が途切れる直前、そういえばお土産を買ってないことを思い出したが、それと同時にお土産を私ほど親密な相手がいないことも思い出した。鬱。