読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美忘録

羅列です

カードキャプターさくらというアニメ

俺は一度惚れ込むとなかなか引きずるタイプである。

 

俺はまんまと木之本桜に惚れてしまった。

f:id:nikoniko390831:20170203171318j:image

 

これは世に氾濫する萌えアニメのヒロインに対して感じる「うっはめっちゃ可愛いwww」といったうちつけの恋心などとは一線を画す。

 

俺は、本当に、プラトニックに、純粋に、彼女のことが好きになってしまっていたのだ。

 

彼女だけではない。李小狼大道寺知世、木之本桃也、彼ら全員のことが俺は好きで好きで仕方がなかった。

 

カードキャプターさくら」という世界観を、擬人的に捉え、そして愛していた。

 

だからこそ、終わりなど見たくなかった。

 

「終わり」というのは彼女たちの物語の「終わり」ではない。彼女たちの生活はこれからも続いていくだろうし、現にあの終わり方も確実に「続き」を示唆していた。

 

「終わり」を迎えたのは彼女らと我々をつなぐ「糸」である。身も蓋もなく言ってしまえば。70話という「放送期間」の終わりである。

 

決してインタラクティブではないけど、それでもオブザーバーとして今まで見守ってきた愛おしき情景たちが、「放送期間」だなんてメタで無粋な要素によって突然終わりを迎えるなんて、切なすぎじゃないか…

 

閉じられた本の中で依然として進み続ける「日常」は、本の外からでは観測できない。

 

どこに何があるのか分かっているのに、そこに決して手が届かない。

 

この歯痒さが彼女らへの愛おしさと混ざり合い、そして俺の心を苦しめるのだ。

 

万物は流転する。「始まり」というのはそもそも「終わり」を必然的に伴う。だから、このアニメを見始めた瞬間から、俺は「終わり」を覚悟しなければいけなかったんだ。

 

このようなことは過去にも事例があるのに、「もしかしたらその先が、その次が…」を期待しては同じような悲嘆に暮れている。

 

きっとこの気持ちをこの先1週間は引きずるだろう。

 

二次元なんかに感情移入してバカじゃねぇのと大半の人間は思うだろう。俺も思う。

 

でも、そうやって簡単に割り切れないからこうやって文字にして気を紛らわすしかねぇんだよ…

 

さようなら木之本桜

f:id:nikoniko390831:20170203171237j:image

 

 

 

 

 

 

って思ったけど

 

 

 

2018年からクリアカード編の新アニメ放送らしいですね!!!!!!!!!

 

 

 

 

やったーーー!!!!!!!!ウヮーーーーーーイ!!!!!!!!!

f:id:nikoniko390831:20170203172934j:image

 

 

 

 

とりあえずは死刑が来年まで延期されたようなので無事勉学に励めるというものである。